九州あご文化推進委員会

あごを使った郷土料理や地域ならではのあご料理にまつわるストーリー


お弁当にもぴったりな
トビウオのおかず
「ばくだん」

屋久島の家庭では、トビウオのすり身を使った料理がよく食べられます。一から作るよりも、すでに味付けされたすり身を商店で購入することが多く、各家庭にご贔屓の店があるのだそう。スコッチエッグのような「ばくだん」は、冷めても美味しい定番おかずです。

「ばくだん」の作り方(材料3個分)

材料

  • トビウオのすり身:400g
  • 卵:3個

手順

  1. ゆで卵を作って皮をむく。
  2. トビウオのすり身を平らに伸ばし、空気が入らないように卵を包み込む(空気が入ると破裂する恐れがあります)。
  3. 低温の油できつね色になるまで揚げる。
  4. 食べやすい大きさにカットして完成。